車の査定というと、事故を起こしていないことはもちろん、傷や凹み、純正パーツが揃っているかを重視する方が多いでしょう。

ですが、売却時の査定額に影響を与えるのは、外装だけではなく内装の状態も関係しているのです。内装の状態というのは、汚れを拭き取ったり掃除機をかけて綺麗にすればOKではありません。

買取業者が重視しているのは車内の臭いで、特にタバコの臭いやヤニの汚れがついていないかどうかで査定額は大きく変わってきます。人間は臭いに対して敏感ですし、最近はタバコを吸わない人が増えていますから、タバコの臭いが強い車というのは買取業者にとっては評価が低いのですね。

毎日車に乗っていると、車内の匂いに慣れてしまうためタバコ臭くても自分では気がつかなかったりします。しかし、中古車査定では、タバコの臭いが残っている車だと査定額を大幅に下げる原因となり、状態にもよりますが3万円から5万円ぐらい減額されてしまいます。

臭いがひどい場合だと、内装をすべて張り替えなくてはいけなくなるため、それ以上減額されてしまうこともあります。もちろん買取業者が内装を交換すると判断したのであれば、それだけヤニのこびりつきがひどい状態なので、自分で完璧に落とすことはできません。

だからと言って、そのまま査定してもらうと損をしてしまいます。ヤニはある程度までなら自分で落とすことも可能ですから、何もしないで査定してもらうよりは、減額を少なくすることも不可能ではないでしょう。

普段の車の掃除では、ヤニを取るということはほとんどないので、自分では取れないと思っている方もいるかもしれません。そのため、査定の前に業者に依頼してヤニを取ってもらったりする方もいるようですが、業者に依頼すると意外に高額な料金がかかってしまいます。

その費用をカバーできるぐらい査定額が上がればいいですが、タバコの臭いは減額対象にはなるものの、臭いがないからといって増額されるわけではありません。良くてもプラスマイナスゼロ、またはヤニ取りにかけた費用がマイナスになってしまうこともあるので、自分で掃除をして取るようにしましょう。